がん保険が支払われないがんがある!?

がん保険が支払われないがんがある!? がん保険はがんになったら保険金が下りるもの、だから安心、多くの人が、当然のようにそう信じているでしょう。
しかし一方でがんになったのに、お金が下りなかったという、体験談を目にしたことがあるかもしれません。

これはいったいどういうことでしょう。
それを理解する鍵は、給付金の支払い条件にあります。

例えば、診断給付金がありますが、これはがんと診断されたら受け取ることができます。
しかし、保険の種類によっては制限が設けられていることがあり、2回目以降も受け取ることができるものと、そうではないものなどが存在します。
他にも、入院給付金や手術給付金など、名目が限定されている給付金にも注意が必要です。
こうした場合は入院をしなければ受け取れない、手術をしなければ受け取れないといったことになりかねません。

がん患者にお金が必要な意味は、高額療養費の還付対象にならない自由診療で数百万の費用がかかるとか、より良い治療を受けるために自宅から離れた病院に通院する必要があるからといったこともあるでしょう。
そして、それを助けるのががん保険というわけです。
給付金の支払い条件が細かく設定されている場合、望む治療方法によっては対象外という事態も考えられます。
治療方法の選択肢を広げるためにも、契約する際には支払い条件をよく確認しておくことが重要です。愛媛県行ってみない?

最新ニュース